アジアが重要な理由

中国は世界第二位の国土面積を持ち、経済活動が最も急速に発展している国です。 日本は世界第三位の経済大国であり、IT市場規模はアメリカに次いで世界第二位です。韓国は一人あたりのブロードバンド利用率が世界一です。 豊富な機会に優れたアジア市場でのビジネスメリットをぜひ享受してください。

オーストラリア/ニュージーランド (ANZ)、シンガポール/東南アジア (SEA)、香港等、英語圏のアジア市場ではビジネス習慣が西欧諸国と似ているため、弊社のサポートの有無に関わらず、企業は比較的容易に進出することが可能です。特にオーストラリア/ニュージーランド市場の一般消費者は、アーリーアダプターとして新しいテクノロジーをいち早く導入する傾向が強くなっています。また、シンガポールは市場規模が大変小さいにも関わらず、マレーシア、インドネシア、タイなどの近隣の東南アジア地域の国々のハブとしての役割を期待する企業が多数存在します。しかし、これら全ての国々を合わせても依然市場規模は小さく、一般的に収益規模はアジア太平洋地域全体の15%から20%を越えることはありません。アジア太平洋でビジネスチャンスをうかがう企業が高い収益を上げられるのは、中国、日本、韓国という人口の多い国々です。RTM Asiaは、クライアントが継続的に高い収益を生み出すための戦略に注力し、中国、日本、韓国で迅速に成功するためのサポートに専念します。アジア太平洋市場全般におけるパートナーシップの展開・開発の提案も行います。

中国におけるビジネスチャンスの拡大には目を見張るものがあります。中国は2015年までに人口2,500万人以上の都市が15、人口1000万人以上の都市が22に到達すると予想されています。アメリカでは、人口100万人を越えるのはわずか10都市だけです。 中国は世界中の主要な製品を製造しているだけでなく、消費する側でもあり、消費の割合は徐々に大きくなっています。 世界規模のビジネス展開を考える企業であれば、長期的な収益向上に中国戦略は必要不可欠です。

日本にはアメリカに次ぐ規模のIT市場があり、消費者は海外の最先端のテクノロジーや製品を好んで採用します。国土が広く意志決定が分散する中国とは違い、日本ではGDPの多くを生み出し、ビジネス上の意志を行う人々は、東京から半径100km以内に集中しています。 つまり、日本に進出する企業は、東京という小さな地域を押さえるだけで、人口1億3000万人のうち大多数の裕福な消費者を掌握することができるのです。 従って、アジア太平洋地域でのビジネスを展開する場合、中国や韓国市場に参入する前に、まず日本市場参入への意思決定を行うクライアントが多くなっています。

韓国は、インターネットの一人あたりの利用率が世界一の国です。世界でモバイルおよびPCからのインターネット接続の速度と普及率が韓国に並ぶ国はありません。 韓国の企業風土は起業家精神にあふれ、革新的です。 特にテクノロジー分野で韓国のローカル企業と競争し、韓国市場において成功するには、最高品質の製品を競争力のある価格で提供しなければなりません。