日本

コカコーラやマクドナルドからマイクロソフトに至るまで、グローバル企業は日本をアメリカに次ぐ規模の市場だと考えています。アメリカ市場より日本市場の方が収益性が高いことがほとんどです。 戦後日本の奇跡的とも言える劇的な経済成長はこの10年ほどで鈍化しましたが、今でも、最新のテクノロジーや革新的なデザインを取り入れた製品を好んで購入する、賢く裕福な購買層が多数存在します。

日本人はテクノロジーのヘビーユーザです。 検索エンジンのトッププロバイダーによる最新のデータによれば、日本人一人あたりのインターネット利用頻度はアメリカに次いで第2位です。 日本人はモバイル端末からインターネット経由で繰り返し商品を購入するため、オンライン販売、ゲーム、アプリケーションに関するモバイル市場としてはずば抜けて安定しています。

早い時期に日本市場に参入し、適切な製品を提供し、日本企業との適切な提携関係を築けた企業は、本国よりも市場シェアと収益を伸ばすことができました。 その要因は、日本市場では人口が数少ない密集地域に集中しており、消費者のロイヤリティがきわめて高いことにあります。 これが、日本では検索エンジンはヤフージャパンがシェア一位で、二位のグーグルと大きな差をつけている理由です。 ヤフー社は早い時期に適切なパートナー企業を選んで市場に参入しました。消費者はめったに他の企業に乗り換えないのです。

日本においては、どの企業と提携するか、またどれだけ早い時期に参入できるかが決定的に重要です。 他の国の企業に比べ、多くの日本企業はパートナー企業に対して長期的な視野で投資します。 RTM Asiaは、海外企業による日本市場への参入の取り組みに投資し、短期間の収益/市場シェアの成長を実現するための、日本企業との数多くの提携の支援をしてきました。

日本市場は巨大です。 ある程度努力をすれば、あらゆる企業が一定の販売成果を得ることができます。 取るに足らないプレイヤーに留まらず、いかに市場トップのプレイヤーになるかが重要です。、いかにそれとも市場トップのプレイヤーになるか、首位になれるかが分かれ道です。 日本市場に参入して市場シェアと収益を最大化するには、適切なパートナーシップを締結して、速やかに行うことが重要です。RTM Asiaは、お客様に適切な提携先、出資者、販売およびマーケティング戦略を提案します。